ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

横浜創英大学

15YOKOHAMA SOEI UNIVERSITYMessa ge f rom t he Facult y me mberVoic e o f S t u dent学びの特徴POINT 01 POINT 04POINT 02 POINT 05POINT 03 POINT 06高度化・多様化したニーズに対応できる教育実践医療の最前線で活躍してきた経験豊富な教員から知識と技術を学びます。実践力を養う充実した臨地実習多くの実習を経験することで、看護への深い理解と実践能力を身に付けます。看護判断力、自律的看護実践力を育成する学内演習学内演習であっても、病院と同じような緊張感に溢れています。循環型教育の実践入学前、入学後、卒業後を含めて、看護の学びを支援します。論理性と人間性を基盤とした専門教育教養教育で培った論理性と人間性を専門教育へと活かしていきます。課題探究能力の育成(2 年半にわたる看護研究に関する学修)自ら問題を発見し、考え、解決することのできる能力を身に付けます。 この4 年間は、看護職者として社会へ出てぐんぐん伸びていくための「土壌づくり」の時期です。専門職としての能力を発揮できる素地を作って卒業すれば、どんな現場にも対応でき、その経験を活かしてキャリアアップしていくことが可能です。その土壌の核となるのは「感性」です。人の痛みや悲しみ、喜びに感応できる心を磨き、その人が今何を望んでいるのか考え、その人にとって最良の支援を実践できる看護師になってほしいと思います。 看護はすべての人が健康に生活するための専門的な知識や技術を提供し、人間の生涯にわたる発達段階・人生周期にある人々を対象としています。つまり病院だけでなく、人のいるすべての場所が看護の場と言えるでしょう。グローバリゼーションが叫ばれる時代、「国際看護」や「災害看護」などの科目も用意し、人間が生きて生活する、あらゆる場所で活躍できる人材を育てるのが私たちの願いです。看護学を修めた養護教諭として社会に貢献したい 横浜創英大学を選んだのは、養護教諭課程があるからです。学校の保健室の先生になるのが私の夢です。修得単位が増えるため、授業は毎日1 ~ 5 限目までびっしり。高校の延長のようですが、目標が決まっているのでがんばり続けることができています。これからは看護師資格を持った養護教諭が求められるということなので、すべての授業をおろそかにできないと思っています。特に2 年次から始まった実習では、初めて患者さんを受け持ち、何ができるのかを考えさせられる経験でした。担当した方は体調不良の日が多く、どうしたら楽になっていただけるか悩みました。“その人”に合ったケアを提供する難しさを感じ、学校へ戻ってからもさらに学びを深めています。 目指しているのは養護教諭ですが、看護学の知識は決して無駄にはなりません。なぜなら、自分を含め、人が生きていく上で必要な知識であるからです。看護の知識をしっかり身に付け、社会に貢献していきたいです。看護学部4 年 高杉 莉花TAKASUGI RIKA人間が生きて生活する、あらゆる場所で活躍できる人材を看護学部 研究科長兼学部長・教授 桑田 惠子KUWATA KEIKO