ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

横浜創英大学

20ジェネラリストでありスペシャリストであるため、自己研鑽の姿勢を忘れずに看護学部 助教 永田 智子NAGATA TOMOKO助産師の専門性と裁量の大きさに魅力を感じた学生時代 女性の一生に携わる健康を学ぶ「母性看護学」が専門です。主に周産期の女性と新生児、家族についての健康の知識、実習を中心としています。核家族化が進み、妊婦や新生児に接する機会が少なく、最初は母性看護と言ってもピンとこない学生が多いようです。しかし新生児を「だっこするのがこわい」と言っていた学生が、実習などを通して母性看護に興味を持ち、身近に感じてくれるようになるのを見るのはうれしいですね。 大学時代、看護学部の助産コースで、看護師、助産師、保健師免許を取得しました。助産師という専門性の高い仕事に憧れ、母子共に安定した状態であれば、医師の判断を仰がず、自分の裁量でケアをすることができる点に大きな魅力を感じました。大学院での研究テーマは「助産外来(助産師が行う妊婦健診)」というもので、助産師の力を最大限に活かせる現場のあり方や助産師の働き方について考察を行いました。臨床の厳しさや責任の重さを知り、知識と技術修得につなげてほしい ハイリスクな出産をサポートする現場で働いていたこともあり、学生には、学修不足がアクシデントにつながり、それが母子の人生にもつながっていることを感じてほしいと思っています。実習で臨床の厳しさや看護師の責任の重さに気づき、それを知識と技術の修得につなげ、現場へと巣立っていってください。 これからの看護の現場では、より高度な技術や専門的な知識が求められます。まずは看護のジェネラリストとしての能力を持っていなければなりませんが、さらに進んで、専門分野におけるスペシャリストとしての看護職者でなければ一生の仕事として通用しません。そのためには学生時代に、興味を持ったことを突き詰めていく自己研鑽の姿勢を身に付ける必要があります。自分の得意分野や看護師のロールモデルを見つけ、自分を磨いていってほしいですね。Message 03MY STORY新生児から乳幼児、小児までの看護演習ができる大学の母性・小児看護学演習室(右写真)。妊婦健診でエコー(超音波)による胎児の健康診断を行う助産師時代の永田先生(左写真)。9 年間の臨床経験を経て、2015 年から教壇に立っています。働きながら大学院に通っている助産師を学生時代に見て生涯学び続ける大切さを学びました。教員として自分のスキルを学生たちに伝えたり、研究者として研究の成果を残したりすることで、世界中の人に貢献できる機会があるのではないかと思ったのです。まずは良い看護師を教育し、育て、彼ら、彼女らが現場でベストを尽くした仕事をしてくれることが願いです。