こども教育学部

こども教育学部 幼児教育学科

こども教育学部のアドミッションポリシー

子どもの行動を関心をもって探究し、保育・幼児教育の分野に貢献しようとする人
多様な知識・技能を活用し、課題を見つけ、解決しようとする人
卒業後も主体的に学び続け、他と協働し、率先して社会に役立とうとする人
自分の良さを生かした専門性を身に付け、獲得した能力を統合して新たな課題に挑戦しようとする人

こども教育学部が目指す人材

「考えて行動のできる」保育者
子どもの育ちは、一人ひとり、また日々変わっていきます。そのような目の前の子どもに対して、それぞれに適切な援助をするのが保育者です。そのためには、幅広い知識や技術をもとに臨機応変に、「考えて行動のできる」ことが必要です。
特別支援保育や子育て支援などの多様なニーズに応える保育者
今、新たに必要とされている様々な問題に取り組むことのできる保育の知識と技術を習得し、さらに「看護学部 看護学科」との連携のもと、より深く、専門的に学ぶことができます。
表現力豊かな保育者
「表現力豊かな保育者であってほしい…」そのために、ピアノや造形活動など実技関係の科目を多数開設し、一人ひとりにきめ細かな実技指導を行います。