入試情報

10月6日(日)オープンキャンパスを開催しました(報告)

こども教育学部報告
   今回のオープンキャンパスには、遠方からお越しの方もおり、皆さんご参加ありがとうございました。
   体験授業では福田先生が発達心理学という分野での授業を行い、赤ちゃんがもつ能力を紹介しました。その後、ピアノの体験と造形の体験を行いました。造形体験では 参加した方々 が「マラカス風船太鼓」を作り、それぞれ鳴る音の違い、色合いの違いがあり、オリジナルの作品を作ることができました。こうした創造力をいかすことのできる音楽そして造形を通じて、ぜひ子どもの持つ力を伸ばせる学びへつなげてくださればと思います。
   推薦などの入試が本格的な時期となりました。今日の体験からぜひ横浜創英大学を選んでくだされば幸いです。
◆実施プログラム
〇手遊びパフォーマンス・学部・入試説明
〇体験授業「子どもと赤ちゃんを知ろう!」(福田真奈先生)
〇体験授業「ピアノ&トーンチャイム&いろいろな打楽器に触ってみよう」(鈴木明子先生)
〇模擬授業「つくってみよう!子どもが喜ぶおもちゃ作り」(葉山登先生)
〇AO入試・推薦入試などのマンツーマン相談
〇学生によるキャンパスツアー
〇教員と在学生との懇談コーナー
 
看護学部報告
・模擬授業 (上條優子先生)
テーマ:医療安全におけるリスクコミュニケーション「医療安全を考える」
   医療過誤が原因で亡くなる方がいる。医療過誤とは医療機関・医療従事者に過失があった場合の医療事故のことである。医療過誤による死亡をゼロにするためには、ゼロハーム(zero harm=危害が起こらない)を目的に掲げ、行政・専門家・企業・市民などと医療事故や医療安全に関する情報を共有し意思疎通を図ることが大切である。医療の質を高めるための医療安全について、高校生を含む医療関係者以外の方々と話し合うことはとても貴重である。
   模擬授業ではご父兄を含む聴講者の方々の率直な意見を取り入れながら授業を進めることができました。ご協力ありがとうございました。
◆看護学部その他の実施プログラム
〇学部説明、学生へのインタビュー
〇推薦入試対策講座(星山佳治先生)
〇看護体験「血圧測定、SpO2測定と脈拍測定、フィジコで聴診、点滴の滴下合わせ」
〇教員教育・研究展示
〇実習着試着体験
〇スタンプラリー
〇キャンパスツアー
〇教員との個別面談
〇在学生との懇談
〇過去問題閲覧

 
<参加者の声>
「第一志望なので真剣に検討したいと思います。」
「途中から入ったんですけど、すごく丁寧に教えてくれてよかったです。」
「とても良い学校だと思いました。」
「音楽の体験授業で実際にピアノを弾けたのがとても良かった。」
以上 こども教育学部参加者

「先生に質問したら、ていねいに答えてくださってとても分かりやすかったです。模擬授業では、詳しく説明していただいて、もっと多く授業を受けたいと思いました。」
「初めて参りましたが、熱心な先生がいらっしゃり素敵な大学だと感じました。」
「ゆったりとまわれて良かったです。先生や先輩方の対応が優しくてよかったです。学園祭に伺いたいと思います。」
「キャンパスツアーに行った時に前回よりもいろんな場所に連れて行ってくれたのでとても良かったです。」
以上 看護学部参加者

   次回は10月19日と20日に入試相談会を開催します。
   詳細は こちら です。
   オープンキャンパスは11月24日(日)に開催します。
   リクルートのスタディサプリでも、横浜創英大学オープンキャンパスの内容を見ることができます。
   ( スタディサプリはこちらです )こちらもぜひ見てください!
   みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
   (予約は不要です)


大学のニュース、学部学科の話題、オープンキャンパスや入試に関する情報などを掲載しております。ぜひ、フォローをお願いします。

 

お問い合わせ
横浜創英大学 学務部入試課
   045-922-5641(代表)
   e-mail : nyushi@soei.ac.jp