入試情報

11月24日(日)オープンキャンパスを開催しました(報告)

こども教育学部報告
   今回のオープンキャンパスには、高校生だけでなく中学生も参加くださり、皆さんありがとうございました。
   学部説明の後の体験授業では、4年生が中心となりパネルシアターでおおきなかぶを披露しました。3月に卒業を予定している4年生の姿を見ていただいたことで、これからのご自分の姿をイメージしてくださればと思います。おおきなかぶは、おじいさん、おばあさん、動物たちが登場しますが、そこに参加者自身も登場人物となるためにそれぞれに自分自身を描き、パネルシアターの中に参加しました。担当の江島先生からは、おおきなかぶという1つの物語でも、パネルシアターだけではなく、エプロンをつかったり、箱を使ったり、手袋を使ったりと、さまざまな方法で楽しむことができることのお話がありました。
   また、音楽室でピアノを弾きながらの体験授業、作品をつくりながらの造形体験をし、子どもの育ちを支えるための学びをご紹介させていただきました。
   ぜひご自分の将来の姿をイメージしながら、大学での学びを考えるきっかけにしてくだされば幸いです。
◆実施プログラム
〇手遊びパフォーマンス・学部・入試説明
〇体験授業「パネルシアターに参加してあそぼう! おおきなかぶ」(江島絵理子先生)
〇体験授業「ピアノ&トーンチャイム&いろいろな打楽器に触ってみよう」(鈴木明子先生)
〇模擬授業「つくってみよう!子どもが喜ぶおもちゃ作り -くるくるスクリュー-」(葉山登先生)
   今年度のオープンキャンパスで作成した「子どもが喜ぶおもちゃ作り」の全作品
〇入試対策などのマンツーマン相談
〇学生によるキャンパスツアー
〇教員と在学生との懇談コーナー
 
看護学部報告
・模擬授業 (本江朝美先生)
テーマ:ナイチンゲールにみる癒しのプロセス
    授業は、CareとCureについて理解を深めてから、ナイチンゲールが焦点を当てた「Nature」の働きをヒントに、癒しのプロセスを紐解いていきました。参加者は、先人の教え(理論)は看護の根拠であり、また看護を導くものであることを学び、看護を学びたいという心がさらに大きく膨らんだようです。

◆看護学部その他の実施プログラム
〇学部説明、学生へのインタビュー
〇推薦入試対策講座(星山佳治先生)
〇一般入試対策講座
〇看護体験「体験してみよう!嚥下困難な方への食事の工夫」
〇教員教育・研究展示
〇実習着試着体験
〇スタンプラリー
〇キャンパスツアー
〇教員との個別面談
〇在学生との懇談
〇過去問題閲覧

 
<参加者の声>
「ピアノの数がとても多くて、充実していてとても良かったです。とても良い学校だと思いました。」
「ピアノやトーンチャイムなど楽器が弾けてとても楽しかったです。」
「公務員(公立の保育園)の就職のサポートが充実していて良いと思いました。」
以上 こども教育学部参加者

「他大学と比べて、先生方の対応がとても良くて、色んなことが知れて、参加して良かったです。」
「現在高校2年生ですが、来年度の入試について質問しなくてもしっかり答えて下さったのでとても安心しました。」
「在学生さんがとても優しくて、質問にも快く答えて下さって嬉しかった。とても良い体験が出来ました。」
以上 看護学部参加者

   今年度のオープンキャンパスは全て終了しました。参加してくださった皆さんありがとうございました。
   今年度開催しましたオープンキャンパスについては こちら に開催日ごとに報告ページを作成しております。
   なお、これから大学見学を希望される方はこちらをご覧ください。(事前に日程調整させていただき対応いたします)


大学のニュース、学部学科の話題、オープンキャンパスや入試に関する情報などを掲載しております。ぜひ、フォローをお願いします。

 

お問い合わせ
横浜創英大学 学務部入試課
   045-922-5641(代表)
   e-mail : nyushi@soei.ac.jp