看護学部 看護学科

看護学部 看護学科

教員紹介

職名
教授
氏名
本江 朝美(Hongo Asami)
主な担当科目
看護学援助論Ⅲ
看護学援助論Ⅳ
看護学方法論Ⅰ
看護学方法論Ⅱ
基礎看護学実習Ⅰ
基礎看護学実習Ⅱ
癒しのケア論
看護研究
対象論
生活援助技術論
ゼミナール
学位
博士(医学)
所属学会
日本看護科学学会 日本看護研究学会 日本看護技術学会 日本ホリスティックナーシング研究会等
専門分野
基礎看護学
研究課題1
健康生成論(Sense of Coherence)に関する研究
研究課題2
ケアリングおよびケア技術に関する研究
研究課題3
看護教育に関する研究
著書・論文名(主な著書・翻訳書)
  1. 本江朝美監修:患者さんと心がつながる看護学生の臨地実習ナビゲーション(DVD)、(株)アローウィン、2015
  2. 本江朝美編集:看護学生のための臨地実習ナビ,照林社,2013
  3. 本江朝美他編集:服薬指導・看護に役立つよくわかる治療薬ブック,照林社,2012
  4. 本江朝美分担執筆:薬物療法の薬物療法中の観察/小野寺綾子他編集:新看護観察のキーポイントシリーズ、成人内科Ⅰ,中央法規出版,2011
  5. 本江朝美分担執筆:高齢者のSOC/山崎喜比古他編集:ストレス対処能力SOC,有信堂,2008
  6. 本江朝美訳:治療的コミュニケーション, アロマテラピー/ホリスティックナーシングTherpeutic communication, In Barbara M.Dossey:Holistic Nursing,エルゼビアジャパン,2006
  7. 本江朝美分担執筆:基本から学ぶ看護過程と看護診断スタディガイド、医学書院、2006
著書・論文名(主な論文)
  1. 本江朝美他:看護学生のケアに対する意識とSense of Coherenceとの関連、ヘルスサイエンス研究20巻1号,1-7,2016
  2. 本江朝美他:看護学生の見守るケアにおける自己評価と前頭前野の脳活動-模擬患者の反応の違いによる検討-,ヘルスサイエンス研究18巻1号,55-62,2014
  3. 本江朝美他:看護学生のケア場面における知覚体験とSense of Coherence 第1報:触れるケア,ヘルスサイエンス研究17巻1号、55-60,2013
  4. 川原由佳里、本江朝美他:がん疾患をもつ人々へのハンドマッサージの効果:カオス解析を用いたパイットスタディ,日本統合医療学会誌、5(2)、49-58,2012
  5. 本江朝美他:触れるケアの前頭葉酸素交換機能検査による評価,ヘルスサイエンス研究、16巻1号、57-60,2012
  6. 本江朝美他:補完代替医療の選択とSense of Coherence,昭和医学会雑誌 第71巻4号、398-407,2011
  7. 川原由佳里,本江朝美,他:触れるケアをめぐる看護師の経験-身体論的観点からの分析-,日本看護技術学会誌,8巻2号、46-55,2009
  8. 本江朝美他:健康生成力に関する研究-タッチ刺激と温熱刺激の心理・生理的反応の比較-,共立女子短期大学看護学科紀要第3号,1-6,2008
  9. 本江朝美,他:わが国における60歳以上の活動的高齢者のSense of Coherenceの実態と関連要因の検討,日本看護研究学会雑誌,26巻1号,123-136,2003
  10. 本江朝美他:看護学生の体験学習に対する意識と行動とSense of Coherenceとの関連に関する研究,昭和医学会誌,63巻2号, 130-141,2003
  11. 本江朝美他:入眠過程における心電図変化について-特に心拍数の変化と睡眠感との関連性についての検討-,日本看護研究学会雑誌19巻1号,45-52,1996
  12. 本江朝美他:起床前後の心電図変化について-特に心拍数の変化と睡眠感との関連性についての検討-,日本看護研究学会雑誌19巻1号,61-68,1996