在学生の方へ

学納金・奨学金・学費サポート

1)学納金について

  1. 学納金振込用紙発送日

    学納金振込用紙は原則として保護者宛発送いたします。

    入学年度 入学年度以降
    前期分 3月中旬
    後期分 9月初旬 9月初旬
    学納金振込用紙は原則として保護者宛発送いたします。
  2. 納付方法について

    入学年度以降の学費は、1年間の学納金を一度に納める一括納付と前期・後期ごとに納める分割納付の方法があります。どちらかを選んで最寄りの金融機関で振り込んでください。なお、事務局(総務課)での現金納付はおこなっておりません。

  3. 学納金納付期限
    分割納入 一括納入
    前期分 4月15日 4月15日
    後期分 9月30日

    ※納付期限が土・日にあたる場合は、翌営業日となります。

  4. 延納について

    やむを得ない理由により納入期限までに納付できない場合には、事前に総務課と相談のうえ、期限までに「授業料等延納願」を提出してください。手続を怠ると、定期試験を受けられなくなるなど学生生活に支障が生じるとともに、除籍になりますのでご注意ください。

2)奨学金について

主な奨学金は以下の通りです。

横浜創英大学奨学金 日本学生支援機構 神奈川県看護師等修学資金 神奈川県保育士修学資金
募集時期 4月 4月
対象者 第2年次生~第4年次生 新入生・在校生 看護学部学生 こども教育学部3・4年生
申込方法 申込み不要 学内の説明会に参加(必須) 所定書類の提出 所定書類の提出
種類 第1種奨学金(無利子) 第2種奨学金(有利子) 特例貸付修学資金 一般修学資金 学費
  • 就職準備金
    (最終回の貸付時20万円以内)
  • 生活費加算
    (希望者は別途県への相談要。対象要件有。)
貸与月額(※変更になる場合があります。) 180,000円(年額) 30,000円~
64,000円
30,000円~
120,000円
40,000円 20,000円 学費 50,000円
選考基準 学業成績、家庭の経済状況、人物等 学業成績 家庭の経済状況 等 日本学生支援機構指定基準による 学業成績 家庭の経済状況、人物等 学業成績 家庭の経済状況 等
返済義務 有※返還免除制度有
保障制度
  • 人物保証制度
  • 機関保証制度
  • どちらかを選択
連帯保証人
保証人
連帯保証人
法定代理人
貸与終期 年度末 卒業予定期 卒業予定期 卒業予定期
  1. 横浜創英大学奨学金

    横浜創英大学に在籍する学生で、看護師、保育士等の資格取得を目指し、学業成績が優秀かつ品行方正と認められる者又は経済的な援助が必要と認められる者の中から、他の学生の模範となることが期待できる学生に対し給付するものです。 採用人数は、看護学部及びこども教育学部の第2年次、第3年次及び第4年次の各年次につき2名で、一人あたり年額18万円が給付されます。給付型の奨学金ですので、一部例外を除き返還の必要はありません。

  2. 横浜創英大学後援会家計支援奨学金

    家計支持者の死亡・病気・離婚・失業・倒産・退職(定年退職・自己都合退職は含まない)など、家庭の経済的事情により、学納金の納付が著しく困難と認められ、学業継続の意志が強く、他の学生の模範となり、かつ成業の見込みのある者に対して給付するものです。採用人数は年度において4名を最大とし、給付金額は各人の納付すべき学納金のうち25万円とします。

  3. 日本学生支援機構奨学金、神奈川県看護師等修学資金

    経済的理由により修学が困難な学生に対し、教育を受ける機会を保障し、自立した学生生活を送ることができるようにする為の奨学金制度です。各奨学金には採用定員があるため、申請者の家計状況や学業成績等の選考基準をもとに適格者を推薦します。その後、当該奨学金機関からの指定の書類提出等すべての手続きが完了した時点で初めて奨学生としての採用が確定します。

  4. その他の奨学金

    地方自治体、交通遺児育英会、その他団体からの奨学生募集があります。募集のあった際には、学生支援課において掲示をしますのでご確認ください。また、奨学金の手続き等に関する詳細は学生支援課にお尋ねください。

3)その他経済的な学生支援について

  1. 国の教育ローン(日本政策金融公庫)

    この教育ローンは進学に関する家庭の経済的負担の軽減と教育の機会均等を図るために融資される公的な制度です。

  2. 学費サポートプラン(提携教育ローン)

    本学では、保護者の一時的な経済的負担を軽減するため、簡単な手続きでご利用いただける、教育ローン制度を、下記2社と提携しています。詳しくは横浜創英大学ホームページ(入試情報学費サポート)をご覧ください。

    『学費サポートプラン』:オリコ(株式会社オリエントコーポレーション)

    『セディナ学費ローン』:セディナ(三井住友フィナンシャルグループ)

  3. 生活福祉資金貸付制度

    「生活福祉資金貸付制度」は、厚生労働省の通知により都道府県社会福祉協議会が実施する公的な貸付金制度です。所得の少ない世帯、障がい者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的にしています。

    教育支援資金は、生活福祉資金のなかの一資金です。修学する本人が資金の借受人となり、世帯の生計中心者の方が連帯保証人となって資金を借り受けて修学し、卒業してから返済が開始となります。借入の相談は居住地域の市区町村社会福祉協議会(生活福祉資金担当)に問い合わせてください。