在学生の方へ

演習室及び図書館におけるコンピュータ等の活用

1)利用資格について

本学のコンピュータを利用できる方は、以下のとおりです。
  1. 本学学生
  2. 本学科目等履修生、研究生、聴講生
  3. 本学教職員
  4. その他、学長が特別に許可した者

2)利用上の注意事項

コンピュータ演習室や図書館のコンピュータ施設は、本学の情報リテラシー関係の教育・研究の場であり、すべての学生・教職員が共同で利用する施設です。利用者は他の利用者に迷惑をかけることのないよう十分心掛けてください。
  1. コンピュータ演習室や図書館内では飲食をしないこと。
  2. 不正に他人のユーザー名を使用したり、自分のユーザー名を他人に使用させたりしないこと。
  3. 他の利用者に迷惑もしくは損害を与える行為をしないこと。
  4. コンピュータの利用を通じて他人の人権を損なう行為や実習先等関係機関に損害、不利益を与えるような行為をしないこと。
  5. 備え付けの資料・教材は室外へ持ち出さないこと。
  6. 各装置は大切に使用し、使用後は整理整頓すること。また、不要となった用紙は所定の場所に捨てること。
  7. 装置が故障したり破損したりした時は直ちに総務課の職員に連絡すること(故意に破損した場合は弁償してもらいます)。
  8. その他、教職員の指示に従うこと。

3)自由利用について

図書館・学生自習室のコンピュータ施設は常時使用できます。また、コンピュータ演習室については、演習室のドアに授業使用予定表を掲示しています。予定表になくても臨時に授業で使用する場合もあります。授業が行われていなければ自由に利用できます。ただし、自由利用をしている途中であっても、授業や資格試験、研究利用の上で支障がある場合は、その利用を中止することがあります。

4)ユーザー名・パスワード

学内のパソコンを利用するには「ユーザー名」が必要です。この「ユーザー名」及び「パスワード」は、各自に付与されます。これは卒業するまで変更されませんので、正確に記憶しておいてください。なお、不正に使用されないよう、絶対に他人に教えないでください。

5)インターネットの利用について

利用に際しては、次の事項を守ってください。
  1. 教育・研究及びその支援以外のために利用しないこと。
  2. 営利のために使用しないこと。
  3. 他人のプライバシーを侵害しないこと。
  4. 他人の著作権を侵害しないこと。
  5. 倫理に反する情報は流さないこと。
  6. 他人を誹謗・中傷する情報は流さないこと。
  7. 他人や実習先等関係機関に損害又は不利益を与えるような行為は行わないこと。
  8. 学内のシステム、ネットワーク等の運用に支障を及ぼすことは行わないこと。
  9. 学内のネットワーク管理上行われる運用の制限・調査に協力すること。
  10. その他教職員の指示に従うこと

6)利用上の相談について

企画課(ネットワーク管理者)が、利用者の皆さんがコンピュータを使って学習する際に起こる疑問や問題点(プログラムがうまく動かない、ソフトウエアの操作方法がわからない等)を解決することができるよう質問に応じます。相談内容は以下のとおりです。
  1. パソコンや周辺機器(プリンタ、Wi-Fi等)の操作方法に関すること。
  2. ソフトウエアの使い方に関すること。
  3. コンピュータのトラブルに関すること。
  4. その他、コンピュータに関すること。