在学生の方へ

ソーシャルメディア利用についての注意

LINE, Twitter, Facebook, ブログなどのSNS(social networking service)にむやみに個人情報を公開しないよう気をつけましょう。思わぬ事件や犯罪に巻き込まれることがあります。

横浜創英大学は、論理性と人間性を身につけ「考えて行動のできる人」の人材を輩出することを理念にかかげています。その理念に照らし、学生が個人の責任において行う自由な言論活動・コミュニケーション活動を尊重しています。但し、自由には責任が伴います。法令違反があれば刑事罰に問われることもあり、利害関係者との間で民事訴訟になる場合もあります。特に、看護学部・こども教育学部ともに学外での実習があり、実習中に知りえた患者さんやこどもの生活や発言、家庭環境などを家族や友達に話したり、自分のブログでつぶやいたり、写真を載せたりすることは、自分では、何気ないことと思っていても、そのことにより自分自身や周りの人の個人情報の漏えいにもつながります。このことを充分に自覚した上で、オンラインでのコミュニケーション活動においては、本学の学生として品位ある態度を取り、あくまで自己責任で行ってください。

1)法令遵守

日本国の法令を遵守して下さい。特に著作権の公正な取り扱いには注意して下さい。

2)諸外国の法令・国際法遵守

留学や旅行など国外においても、自らの置かれた状況に応じて、諸外国の法令や国際法を遵守して下さい。

3)個人の尊重

一人ひとりの個性や多様性を尊重し、異なる意見や考え方、生き方をお互いに認め合うことをすべてのコミュニケーション活動の原点に置いて下さい。

4)正確な情報の記載

正確な情報を伝えるようにして下さい。意図的に虚偽や不確かな情報を伝達することは、あなた自身と横浜創英大学の名誉と信頼を損なうことになります。

5)大学の一員としての自覚

横浜創英大学生であることを明らかにした上で、オンラインでのコミュニケーション活動を行う場合は、単にあなた個人としてだけではなく、社会全体から本学を代表したイメージで受け取られることを充分に自覚して下さい。

6)自分自身のプライバシー保護

利用サービスの内容を吟味し、個人情報を登録・公開する際には充分注意を払って下さい。オンラインのコミュニケーション活動では、情報を削除しても当該サービス以外に、第三者によって保存・アーカイブ化され、消去できないことがあることに留意して下さい。特に、日記など自分の行動履歴が他人にわかる記述が残っていた場合、将来にわたって人物情報として照会される可能性があります。就職活動を控えた皆さんは、この点に充分注意して下さい。