在学生の方へ

安全生活(学内駐輪場利用、防犯、保険等)

学内駐輪場(バイク・自転車)利用

申請の流れ(説明書、必要書類は学生支援課で配布します)

「交通安全講習会受講申込書」を学生支援課に提出
※4月初旬に掲示でお知らせします
「交通安全講習」
(4月下旬)受講
「バイク学内駐輪許可申請書」又は「自転車学内駐輪願」及び必要書類を学生支援課に提出

(審査)

許可証
(ステッカー)交付

注意

  1. 交通安全講習を受講しない場合は許可されません。
  2. 許可証は当該年度のみ有効です。次年度以降も希望する場合は、毎年、交通安全講習を受講の上、必要書類を提出する必要があります。
  3. 病気や薬を服用している場合は申告してください。また、許可後、状況に変化があった場合は、その都度学生支援課に報告してください。
  4. 駐輪は許可証が見えるようにし必ず施錠してください。また、決められた場所以外に駐輪することはできません。
  5. 正門から入構する際は、学生証と許可証を提示してください。
  6. 本学構内では、徐行してください。構内は大学生ばかりでなく、高校生・中学生の他、一般来訪者も多数通行しますので、歩行者や自動車によく注意をして走行してください。
  7. マナーが悪い場合は取り消すことがあります。

防犯

  1. 貴重品の管理

    貴重品は自身で携帯するか、貸与しているロッカーに入れ施錠する等自己の責任において管理をしてください。なお、構内での盗難等について、本学は責任を負いません。

  2. 貴重品紛失時の届出

    学生支援課に直ちに紛失届等を提出してください。

  3. その他

    登校の際は正門で学生証を提示してください(不審者の侵入防止のため)。

    学内及び本学周辺で不審者を発見したら、すぐに学生支援課や教職員に伝えてください。また、つきまとい、交際の要求、無言電話などのストーカー行為の被害があったら、すぐに教職員や警察に相談をしてください。

ロッカーの貸与等

  1. 本学では学生に対し、入学時よりロッカーを貸与します。設置場所は、学部及び男女別に以下のとおりになっています。

    ロッカーの場所は、学生の人数により変更となる場合もあります。

    1. 看護学部(女子)本館1階
    2. こども教育学部(女子)本館2階
    3. 看護学部及びこども教育学部(男子)本館1・2階
  2. 学籍番号により指定されたロッカーに鍵を各自で用意し、必ず施錠して使用してください。
  3. ロッカー室及び個人ロッカーは清潔に利用してください。ロッカー室は、年2回程度大学が清掃を行います。予め予告を行いますが、期限を過ぎても室内やロッカーの上に放置された私物は処分します。
  4. 4年生については、毎年2月下旬までにロッカー内を清掃した後、明け渡していただくことになっています。予め予告を行いますが、期限を過ぎても放置された私物は処分します。
  5. ロッカーを破損した場合は、修理代を請求する場合があります。

保険等

【看護学部】

看護学校総合補償制度(通称「Will」)

この保険は、学生の皆さんが実習先を含めた学校管理下(敷地外も可)において発生した自分自身のケガや他人の物を誤って壊したり、ケガをさせたりした場合に補償するものです。実習先への移動中、実習中の傷害、微生物による感染・事故にも対応します(通学時を含む)。ただし、本学が定める通学時(臨地実習先への移動も含む)以外は保険の対象になりません。本学では万が一に備えて全員加入としています。

【こども教育学部】

学生教育研究災害傷害保険(通称「学研災」)

この保険は、学生の皆さんが、本学の正課中、学校行事中、課外活動中及び通学中において不慮の災害・事故等により身体に傷害を被った場合に救済措置する制度です。本学では、万が一に備えて全員加入としています。

学研災付帯賠償責任保険(通称「学研賠」)

この保険は、学生の皆さんが大学の正課中、学校行事中、大学の承認を得たインターンシップ、ボランティア活動中及びその往復中で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したりしたことにより被る法律上の損害賠償を補償する制度です。本学では、万が一に備えて全員加入としています。