トピックス

2018.6.14 霧が丘地域ケアプラザのママFUNDAYで「おやこで楽しく音楽遊び」を開催しました

 平成30年6月14日(木)に、霧が丘地域ケアプラザ主催のイベント「ママFUN DAY」でこども教育学部 鈴木准教授と学生2名が「おやこで楽しく 音楽遊び」と題した親子で歌と楽器遊びを体験する講座を開催しました。当日は、10組22名の保護者と乳幼児のみなさんにご参加いただきました。

 最初に子どもたち全員がタンバリンをたたきながら挨拶しました。「うた遊び」では鈴木先生と学生たちが次々に動物にちなんだ遊び歌を歌い、子どもたちは歌に出てくる動物を真似した動きをします。体を動かしてリラックスしたところで、保護者の方と一緒に「電車ごっこ」をしました。電車が停車するたびに、鈴木先生から「今日の朝ごはんは何?」「楽しかったことは?」などのテーマが示され、保護者の方どうしでおしゃべりをしていただきました。保護者の方々も次第に打ち解けてゆき、会話がはずみ、だんだんにぎやかになっていきました。

 次に、「海」を歌いながら、保護者の方々がきれいな青い布を海に見立てて波打たせました。子どもたちは布の下に入って海面に触るように手を伸ばしていました。

      波の下で遊びます

 トーンチャイムを使って「たなばたさま」を演奏しました。心地よい音色を全員が楽しみました。

 トーンチャイムの使い方を教わります

 最後に、雨降りの多いこの季節でも室内で手軽に楽しめる遊びとして「あやとり」をしました。普通のあやとりだけでなく、手にかけた毛糸を綺麗にほどくマジックも紹介され、保護者の方は真剣に聞いておられました。

     学生と遊んでいます

 講座終了後も子どもたちは元気に走り回り、保護者の方々も打ち解けてお話しを続けている姿が印象的でした。