トピックス

こども教育学部田中ゼミ3年生 エリザベス・サンダース・ホームの見学に行く!!

   平成30年11月24日(土)田中ゼミの3年生5名と2年生の内田君の計7名でエリザベス・サンダース・ホームに見学に行く。そのきっかけは、4年生の田中ゼミの増田君が施設実習をエリザベス・サンダース・ホームで行ったことであった。実習訪問で、増田君が主任の先生、施設長の先生と意気投合し、是非、学生を見学に来させたいと思ったからである。また、就職先としてこのエリザベス・サンダース・ホームも視野に入れてほしいという施設側の願いもあったからである。

個別対応職員の早田さんからの歓迎の言葉
施設見学開始

 

見学後の話し合い

 
   今日は、学生にとってとても充実した日となった。それは、普段なかなか聞けないことを聞くことができ、それに対して職員たちが親身に応えてくれたからである。とても学びの多い半日であった。

<今日の内容>

   最初は、パワーポイントを使った施設の紹介と成り立ちを学ぶ座学から始まった。次に、施設見学となった。特別に寮の内部まで見学させていただき、土曜日だったので休みの日の子どもたちの過ごし方等を直に聞くことができた。最後は施設見学や説明でわからなかったことを聞く時間を設けていただいた。学生たちも積極的に質問し、気がついたらすでに見学の時間をかなり過ぎていた。

   「おのれのごとく、なんじの隣人を愛せよ」というエリザベス・サンダース・ホームの創始者である澤田美喜の言葉が印象的であった。まさに有言実行の人である。

(文責 田中浩之)