トピックス

浜松市環境学習指導者養成講座において、田中浩之教授が講師を務めました

 浜松市環境部環境政策課が主催する平成29年度浜松市環境学習指導者養成講座(第4回)において、こども教育学部の田中浩之教授が講師を務めた。田中教授が担当したのは第4回目の講座で「食と環境との関わり」である。講座は、8月24日(木)に行われ、浜松市で環境学習指導者を目指す市民が参加した。
 参加者は全ての講座を修了すると環境学習指導者として認定される。その後、市内の小中学校等に派遣され、環境に関わる出前授業を行い、環境の大切さや保全・保護についての授業を行う。
 講座では「食と環境との関わり」についての講話を行い、常葉大学浜松キャンパスの自然体験学習園を使って生態系と食に関わる直接体験学習を行った。

(文責:こども教育学部教授 田中浩之)

常葉大学浜松キャンパスにて講話を聴く受講生

常葉大学浜松キャンパスにて講話を聴く受講生

自然学習体験園にて熱心に話を聴く受講生

自然学習体験園にて熱心に話を聴く受講生

食農教育について話す田中教授

食農教育について話す田中教授