トピックス

高校生の飲酒防止教育に本大学の4年生3名がボランティアで参加

    横浜創英大学 江藤和子先生

                 看護学部4年生の皆さん

 5月15日に横浜翠陵高校の3年生300名に「喫煙・飲酒・薬物防止教室」(よりよく生きるための講演)が開催されました。江藤和子教授は、専門領域である精神看護学の知識とアルコール依存症の専門病院にも勤務していました。依存症患者のこころの叫びや家族の苦悩を交えた話などが聴けました。今回は、看護学部の4年生の学生さん3名が、お酒の「断り方」のロールプレイを熱演しました。演技指導は同大学のこども教育学部 小川史准教授が行いました。

●ボランティアに参加してよかったこと

・高校生の前で、「お酒の断り方」のロールプレイは緊張したけれど、楽しかった。

・今回のボランティアをきっかけに、次のボランティア活動につなげたい

・今回の学んだことを活かし、次に取り組んでいきたい。