トピックス

「ヨコハマ大学まつり2018」に参加しました

   平成30年9月30日(日)「ヨコハマ大学まつり」が開催され、本学から看護学部とこども教育学部が参加しました。今回は「大学進学フェスタ」と同時開催で、パシフィコ横浜での開催となりました。

   2学部とも学生が地域貢献に係る活動や取り組みを紹介しました。タイトルは以下のとおりです。

  • 看護学部:未成年者の飲酒防止教育
  • こども教育学部:よこはま森の楽校ほか実践報告

 

   看護学部の江藤ゼミは、看護学生の一日の生活や何を学んでいるか、どんな実習先があるのか、そして学びから得られるやりがいなどについて説明を行いました。その後、ゼミで実施した「飲酒防止教育」で、高校生に対してロールプレイを行い、飲酒の断り方などを実践した体験から、どんなことを学び・感じたかを話しました。これらの経験を通して、自ら考えて主体的に計画・準備する能力を身に着けることができたことは、大切な学びに繋がったとのことです。

   こども教育学部の田中ゼミでは、緑豊かなキャンパスで、地域の担い手となる人材を育成することの大切さについて、説明がありました。「よこはま森の楽校」「子どもアドベンチャー2018」「近隣の保育園での活動」等を通して子どもたちとどのように触れ合ってきたか、また、学生自身が自然から学んだこと、子どもの興味・関心を引き出す方法を学んだことを報告しました。

江藤ゼミの発表

田中ゼミの発表
江藤先生と記念写真

田中先生と記念写真

   本学の学生にとって、外部の方に自分たちの活動を紹介するために、日頃の活動を振り返る機会が得られたことと思います。

(文責:企画課)