トピックス

9月15日(火) 横浜創英大学FD委員会主催のFD研修会が開催されました

   本学ではコロナ禍により5月から遠隔授業を開始し、学びを止めない環境を実践してきました。これまでの遠隔授業の実施内容を共有し「COVID-19時代」の大学教育のあり方、大学教員は何をすべきかを模索し、これからの展望を明らかにすることを目的とし、「オンライン教育の実施・評価 これからの展望」をテーマに3密を避け開催しました。

   講師には、鈴木克明先生(熊本大学教授・教授システム学研究センター長)をお迎えし、看護学部、こども教育学部両学部の教員が参加しました。

   若生啓講師(こども教育学部)、中山直子准教授(看護学部)の実践報告を基に、鈴木克明先生より、様々な課題が明らかになった今回の遠隔授業の実態の分析、未来の大学教育への見通しや方向性を示す多くの視点について、たいへん詳しくご講演いただきました。対面授業が始まる後期授業に向けて、私たち教員が自らの授業実践を振り返り、今後どのような状況下においても、学生の学びを止めない教授法についての示唆を得る機会となり、たいへん意義のある研修会となりました。