トピックス

まん延防止等重点措置への対応について

令和3年4月19日

学生の皆様
保証人の皆様

横浜創英大学 
学長 北村公一

   4月16日に本学が所在する横浜市を含め神奈川県の政令3市がまん延防止等重点措置の区域に指定され、4月20日から適用されます。大学に対しては、基本的な感染防止対策の徹底や会食自粛を学生に呼びかけるよう要請がありました。
   本学は原則として対面での授業を行うこととし、学修活動を継続するため、教職員による巡回指導等、感染防止対策をより一層強化してまいります。学生の皆様も手洗い、手指消毒などの基本的な感染予防や、食事でマスクを外すときは会話しない、不要不急の外出をしないなどの日頃の行動、また、毎日の検温と記録、検温表の携行など体調管理にも十分注意するようお願いします。なお、発熱倦怠感等の体調の不調を感じたとき、同居のご家族に同様の症状があるときは、無理をして登校しないよう、ご留意願います。
   本学では、これまで皆様の協力により学生間、教職員間の感染は発生していません。しかしながら、強い感染力を持つといわれる変異株による感染が拡大する中、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくない状況にあると考えます。保証人の皆様におかれましては、学生へのご指導をぜひともお願いします。