横浜創英大学

HOME > 就職・キャリア支援 > 先輩より(看護学部)

就職・キャリア支援

先輩より(看護学部)

  • ≪保健師を目指して≫  千葉県鎌ケ谷市役所就職(綾瀬市在住 1期生女子)

    保健師

     私は保健師になりたいという思いで大学に入学し、この思いを抱きながら日々の学習や実習に取り組んできました。しかし、就活を始める頃には看護師として就職したいという気持ちに傾いてきました。先生に相談すると「保健師としていずれ就職したいなら看護師を経てからではなく、今から目指すほうが良いのではないか」というアドバイスを頂きました。4年生は実習が本格的に始まり夏休み直前まであるため、地元での採用試験には準備期間が足りず、先生の勧めもあり、他県の採用試験を受けることに決めました。本格的に試験勉強を始めたのは夏休み頃からで、教養試験対策では夏期講習に通い、専門試験対策には参考書を購入して、国試対策と並行して学習を進めました。保健師を受験する地域の特徴やどのような保健活動が行われているかをインターネットなどで調べ、自分が保健師ならどのような活動ができるか考えながら面接対策を行いました。

     国家試験は範囲が広いので低学年から勉強し、国試を意識しながら実習に臨んでおけば良かったと思いました。普通に学生生活を送っていると、勉強が大切であるとは思いつつ、ついつい後回しになってしまいます。そのためには授業をしっかりと受け、テストを1回で通るということを常に目標にするように取り組んでいくことが大切だと思います。また、サークル活動やバイト、ボランティアなどを積極的に行って自分の「強み」を見つけておくことも大切だと思います。

  • ≪養護教諭を目指して≫  横浜市私立中学・高等学校就職(横浜市在住 2期生女子)

    養護教諭

     私は昔からの夢であった養護教諭を目指し、看護の学習と並行して教職課程の学習もしてきました。養護教諭のコースを受けてからは、看護の学習をしながら日々遅くまで行われる教職の講義を受けるなど、人一倍の努力をしなければならない状況でした。そのため養護教諭になりたいという思いが揺らいだ時もありました。しかし教職課程の先生から「中途半端な気持ちでは養護教諭になれない」と言われ、夢を叶えるためには努力し続けなければならないのだと思って気持ちを奮い立たせました。

     本当に養護教諭になりたいと思っている人は、一年次からコツコツとしっかり意思を持ち、やり続けることが大切だと思います。学年が上がるにつれ、やらなければならないことが増えて課題や実習で手一杯になり、自分の時間が作れなくなっていきます。あの時やっておけばよかったと後悔しないよう、日々の授業を大切にし、何事にも一生懸命に取り組んでください。毎日忙しくてあきらめたくなることもあると思います。しかしその分、同じ境遇にいる友人と絆を深めることができたり、日々充実した学生生活を送ることができたりしたのだと実感しています。

     四年間はあっという間に過ぎてしまいます。悔いが残らないよう、自分自身の目標に向かって何をやらなければならないかを常に考えて過ごしてください。

  • ≪看護師を目指して≫  横須賀市公的病院就職(横浜市在住 1期生男子)

    看護師

     私は就職活動を3年生の年明けから始めました。救急看護やがん看護といった領域に興味があり、三次救急病院や地域がん診療連携拠点病院を探しました。神奈川県内就職前提の奨学金を借りていたので県内病院に絞りました。見学、インターンシップには7つの大学病院や総合病院に行きました。インターンシップは3年生の3月頃からどの病院も行っていますので、4年生の実習や国試対策を考えると早目に行った方が良いと思います。私は7つの病院の中でインターンシップの時の雰囲気の良さ、第一希望か第二希望のどちらかの部署に入職できるという条件でこの病院を受験することに決めました。自分の学びたい部署に行けるのはとても魅力的でした。幸運にも4月に内定を頂いたのでその後の実習にも力を注ぐことができました。

     大学時代に大切にしてほしいことは看護師になるための学習はもちろん大切ですが、大学やアルバイト先で様々な人に出会い、その出会いを大切にして欲しいということです。人と人との関わりを大切にして楽しい時間、つらい経験を共有することは貴重なことだと思います。看護師になってからもそれらの経験はきっと役立つのではないかと思います。

  • ≪看護師を目指して≫  川崎市大学病院就職(川崎市在住 2期生女子)

    看護師

     私が就職先を選ぶにあたって一番に考えたのは、職場の雰囲気が良いかどうかでした。病院として、最先端の医療や教育体制がしっかりと整っているのは魅力的です。しかし、私はメンタルが強い方ではないため「病院の雰囲気が悪かったら、長く働き続けられるか自信がない」という不安があり、その点を重視しました。 そして、それに一番当てはまった就職先が、今回受けた病院です。この病院には実習で何度かお世話になったのですが、雰囲気もスタッフ間の仲も良く、ここなら安心して働くことができると思いました。今までに様々な病院の見学やインターンシップに参加して、色々と比較をしました。しかし、最後は自分らしく働ける場所を選ぶことが大切であるとわかったので、この病院を受けて良かったと思います。

     大学生活で大切にしてほしいことは、実習です。人との付き合いの中で、一番自分が出るところだと思います。更に、周りと比較して自分ならどうするだろうと考えさせられることもあり、看護師としてだけではなく人としても成長していけると思います。また、就職には「自分がどんな人であるか」という自己分析がとても重要です。周りに聞いてみたり自分自身を振り返ってみたりして、自分に合った就職先を見つけられるように頑張ってほしいです。

  • ≪看護師を目指して≫  東京都公的病院就職(町田市在住 2期生女子)

    看護師

     私が就職活動を始めたのは、3年の夏休みです。私は、将来的に専門看護師または認定看護師の資格を取得したいと思っていました。また、最終的に国際看護に関わりたいと考えていました。そのため、教育体制が整っている病院を希望していました。他にも自分の看護師像などを考慮して情報収集を始め、最終的に3つの病院に絞りました。

     インターンシップには、3年の春休みを使って参加しました。気になった病院は、何度か行きました。実際に病院を見ることで、資料だけでは分からない病院の雰囲気や看護師の様子等を知ることができ、就職先を決定する参考になりました。

     病院を決める際には、先生にアドバイスを頂き、4年の5月には決まっていました。実習の合間を縫って、小論文の練習、病院の情報整理、キャリア支援室での面接練習をしました。万全の準備を行い、7月に就職試験を受けました。面接では、緊張のあまり頭が真っ白でしたが、とにかく笑顔で乗り切りました。

     看護大学での4年間は、勉強、実習、卒論などで忙しく、あっという間に終わってしまいます。自分自身と向き合う時間を作り、自分が何をやりたいのかという目標・将来などについて考え、充実した4年間を過ごして欲しいです。また、大変で辛い時に支えてくれるのは、仲間です。大学生活で知り合った仲間を大切にしてください。

  • ≪看護師を目指して≫  横浜市大学病院就職(横浜市在住 2期生女子)

    看護師

     就職対策として、2月頃から企業が行う合同就職セミナーにいくつか行きました。その中から、気になった病院のインターンシップに参加しました。インターンは3月と4月頃に行きました。インターンは早めに行った方がいいと思います。病院選びでは、家からの距離、福利厚生などを見て、行きたい病院を絞ってからインターンに行き、実際の病棟の雰囲気を知った上で考えました!

     採用試験では、病院の志望理由を何度も聞かれたので、インターンに行くことは本当に重要だと思います!(インターンで感じたことなど伝えれば、面接官に伝わりやすいし、説得力もあると思います!)

     採用試験は早めに受けた方が良いです。実習と試験の時期は被っていますが、実習が終ってから就職活動だと国家試験の勉強が遅れてしまうので、大変でも先に内定をもらっておくのがお勧めです。

     大学生活で大切にしてほしいことは、最後までやり通すことと、友達と協力し合う事です!特に看護学生には国家試験の勉強があります。国家試験の勉強は一人でやるよりも友達と一緒に分からないところを教えあったりしながらやっていった方が記憶に残りやすいし、苦痛な勉強でも友達がいれば乗り越えられると思います!また、看護学生は普通の大学生と違って遊ぶ時間もあまりないし、実習や勉強の量も多くて大変ですが、こつこつ頑張っていれば、卒業した時には頑張ってよかったと思えるので、最後までやり通すことを大切にしてほしいです!

  • ≪看護師を目指して≫  伊勢原市大学病院就職(町田市在住 1期生男子)

    看護師

     私が就職先を意識し始めたのは3年生になってからです。というのは3年後期から4年前期には領域実習が詰まっていて早目に決めたいと思ったからです。自分のキャリアを考え、将来的に認定看護師や専門看護師を目指したいと思ったので新人の教育体制がしっかりとし、大学院のある大学病院を考えました。様々な大学病院の中で自分の目指す看護や看護師像を考えながら最終的に2つの病院に絞りました。3年の夏休みと春休みにインターンシップに行きましたが、病院の雰囲気、職員の様子等非常に参考になりました。病院を決定する際には希望する領域の先生に相談もし、4年になる直前には決まっていました。受験準備は実習の合間を縫って小論文を練習したり、キャリア支援室で面接練習をしたりしました。確か実習の第1クールが終わった土曜日に受験したと思います。

     学生時代に大切にしてほしいことは人と人との繋がりを大切にしてほしいということです。友達、先生、患者さん、アルバイト先の人…。病院選びに迷っている時の先生の一言、自分の性格で悩んでいる時の友達の一言、実習先で落ち込んでいる時の患者さんの一言にどれほど勇気づけられたかわかりません。これからも看護師として働くうえで人と人とのコミュニケーションを一番大切にしたいと思っています。皆さんもつらいこと、苦しいこともたくさんあると思いますが自分の目標に向かって頑張ってください。

  • ≪看護師を目指して≫  横浜市大学病院就職(横浜市在住 2期生女子)

    看護師

     私が就職先の病院を決めた理由は、職場全体で新人看護師を丁寧に指導していること、認定・専門看護師が多く在籍しているため働きながら新たな知識を学べることなど、教育体制に魅力を感じたところにありました。また、活動の幅を広げるために保健師課程も履修していた私にとって、スキルアップのためのキャリア開発支援が充実していることも理由の一つでした。

     インターンシップは、3年生の夏に同病院の分院2ヵ所とその他の病院2ヵ所の計4ヵ所に参加しました。実際に働いている看護師から生の声で職場環境や福利厚生の違いなどの話を聞くことができ、志願書や面接の応答に活かせました。その他、一度にさまざまな病院の特徴を聞くことができる合同説明会にも参加しました。実習が大変になる前の空時間を利用して志願書の作成をしたり面接練習を受けたりするなど、早めの対策をしたおかげで、内定をいただいた後は看護師・保健師の実習に打ち込むことが出来ました。4年生になると実習が多くなるため、3年生の内から説明会やインターンシップへ参加することをお薦めします。また、実習でも理想とする看護師像を見つけておくと、病院を選ぶ際に迷いが少なくなります。

     大学時代は勉強も大切ですが、一番大切なことは、同じ目標に向かって支え合える仲間と、これから出会う多くの人々との関わり方や価値観の違いを学ぶことだと思います。仲間とは、楽しい時間や辛い経験を共有することで心の支えになり、頑張ることに繋がります。多くの人と出会い学ぶことも看護師になるための自分を成長させてくれる大きな財産になります。自分の描く目標に向かって頑張ってください。

ページの先頭へ戻る
〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1番地 TEL:045-922-5641 Mail:nyushi@soei.ac.jp

Copyright © YOKOHAMA SOEI UNIVERSITY All rights reserved.