横浜創英大学

HOME > 大学案内 > 公的研究費の不正使用防止について

大学案内

公的研究費の不正使用防止について

公的研究費の不正使用防止に関する基本方針

 本学では、文部科学大臣決定「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2014年2月18日改正)に基づき、本学における公的研究費の取扱について、適正に運営・管理するために必要な事項を定め、以下の取り組みを行っています。

  横浜創英大学 公的研究費の管理・監査に関する規程PDF
  横浜創英大学 公的研究費の不正使用に係る調査等に関する取扱要領PDF

(1) 機関内の責任体系の明確化

 本学の公的研究費を適正に運営及び管理するために最高管理責任者、統括管理責任者、コンプライアンス推進責任者をそれぞれ以下のように定め、適切にリーダーシップを発揮することとしています。

  1. 最高管理責任者は、本学全体を統括し、公的研究費の管理・運営について最終責任を負うものとし、学長をもって充てる。
  2. 統括管理責任者は、最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について本学全体を統括する実質的な責任と権限を持つものとし、事務局長をもって充てる。
  3. コンプライアンス推進責任者は、公的研究費の運営・管理について各部局等における実質的な責任と権限を持つものとし、総務企画部長を持って充てる。
  4. 最高管理責任者は、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任をもって公的研究費の運営・管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮しなければならない。

(2) 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

 ルールや行動規範の理解不足による研究費の不正使用等を防止する観点から、本学ではルールの明確化、統一化を図り、関係者の意識向上を図っています。

  横浜創英大学 科学研究費助成事業(科学研究費補助金及び学術研究助成基金助成金)事務取扱規程PDF
  横浜創英大学 公的研究費の使用に関する行動規範PDF

(3) 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

本学では、不正防止計画推進部署を総務企画部とし、「不正防止計画」を策定し、不正使用を発生させる要因の把握に努めています。

  横浜創英大学 公的研究費不正防止計画PDF

(4) 研究費の適正な運営・管理活動

 物品等の購入に係る不正を防止するため、研究者以外の事務職員が発注・検収を行っています。また、不正な取引に関与した業者に対しては、取引停止等の処分を科す旨を定めています。

(5) 情報発信・共有化の推進

 公的研究費の使用に関するルール等についての相談、公的研究費の不正使用等に関する通報に対応するための窓口を以下に設置し、情報が適切に伝達される体制の構築に努めています。

 窓口への連絡は電話・FAX・メールで受け付けます。

 通報に使用する様式(PDF)PDF通報に使用する様式(Word)

■ルール等についての相談窓口
■不正使用等に関する通報窓口

窓 口

 横浜創英大学 総務企画部 企画課
  住所:神奈川県横浜市緑区三保町1番地
  電話:045-922-5641 Fax:045-922-5642
  E-mail:kikaku@soei.ac.jp

(6) モニタリングの在り方

 公的研究費の適正な運営・管理を徹底するため、監査法人等と連携し、実効性のあるモニタリング〔監視〕を行います。

Get Adobe Reader公的研究費の管理・監査に関する規程等をご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。表示できない場合はバナーのリンク先よりダウンロード下さい。

ページの先頭へ戻る
〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1番地 TEL:045-922-5641 Mail:nyushi@soei.ac.jp

Copyright © YOKOHAMA SOEI UNIVERSITY All rights reserved.