横浜創英大学

HOME > 大学案内 > 教育方針

大学案内

教育方針

卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

   学則に定める卒業に必要な単位数を取得することが学士号授与の要件となる。また、卒業までに次の能力を有する人を重視する。

看護学部看護学科
  1.看護の専門的能力と人間を理解する能力の基礎を有し、課題を探究する態度を身に付けた人。
  2.看護学を体系的に捉え、健康・発達課題を発見・分析・解決する能力を身に付けた人。
  3.相手をかけがえのない存在として尊重し、思いやりを持って考えて行動のできる人。

こども教育学部幼児教育学科
  1.保育・幼児教育に関わる高度な専門的知識・技能と豊かな人間性と感性を身に付け、それらを、現代社会の状況とも関連づけて理解し、活用できる能力を有する人。
  2.対人関係やコミュニケーション、情報収集・分析、論理的思考、問題解決等に必要な汎用的知識・技能を身に付け、幅広く適用できる能力を有する人。
  3.社会の一員としての責任を持ち、他と協働して保育・幼児教育をめぐる諸課題に向き合い、率先して学び続けることのできる能力を有する人。
  4.専門的、汎用的知識・技能を総合的に活用し、個性を生かして自ら新たな課題を見いだし、解決していく能力を有する人。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

   横浜創英大学では、その教育理念に基づき専門性をもった教養人を養成するため、看護学部に看護学科、こども教育学部に幼児教育学科を置き、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。

看護学部看護学科
  1.筋道を立てて考える論理性及び相手の心を思いやる人間性を養うために、教養教育科目を配置する。
  2.専門的知識と方法論を体系的に学べるように、専門基礎分野、看護の基礎、発達段階の看護、生活の中の看護、社会のニーズに応える看護の科目を配置する。
  3.幅広く関心ある科目を学べるように、学際的な科目を配置する。
  4.研究や討論を実践的に積み上げるために、主体的に参加する少人数授業の科目を配置する。
  5.健康問題の解決及び発達支援を行うために、知識やスキルを統合して看護を実践する能力を養う科目を配置する。

こども教育学部幼児教育学科
  1.専門的な知識・技能や豊かな人間性や感性を育み、保育実践の場で役立てる能力を獲得するために、講義、演習、実習などの専門科目を体系的に配置する。
  2.広範で多様な知識・技能を獲得し、筋道を立てて考える論理性及び相手の心を思いやる人間性を養うために、教養教育科目を配置する。
  3.保育・幼児教育や社会の諸課題に、他と協働しながら率先して取り組み続ける能力を獲得するために、主体性やチームワークを重視した授業科目を配置する。
  4.新たな課題に総合的、創造的に取り組む能力を身に付けるために、各自の興味・関心に応じて積極的に専門性を追究できる体系的な選択履修プログラムを導入する。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

   横浜創英大学が求める学生は、本学の教育理念に共感し、自ら考え行動しようとする学習意欲の高い男女です。
   この緑豊かな地域で「人の心を大切にし、考えて行動のできる」看護職と保育者を育成するために広く門戸を開いています。
   また、学生の勉学意欲を入学後まで維持させるために、またリテラシー教育につなげるために入学前教育を行います。

看護学部看護学科
  1.看護に関心があり、保健医療福祉分野に貢献したいと考えている人。
  2.人と関わることが好きで、他者の気持ちを重んじる態度を備えた人。
  3.看護職に求められる基礎的な知識や態度を有し、自己の課題に積極的に取り組む人。

こども教育学部幼児教育学科
  1.子どもの行動を関心をもって探究し、保育・幼児教育の分野に貢献しようとする人。
  2.多様な知識・技能を活用し、課題を見つけ、解決しようとする人。
  3.卒業後も主体的に学び続け、他と協働し、率先して社会に役立とうとする人。
  4.自分の良さを生かした専門性を身に付け、獲得した能力を統合して新たな課題に挑戦しようとする人。

ページの先頭へ戻る
〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1番地 TEL:045-922-5641 Mail:nyushi@soei.ac.jp

Copyright © YOKOHAMA SOEI UNIVERSITY All rights reserved.