横浜創英大学

HOME > 大学案内 > 学長メッセージ

大学案内

学長メッセージ

 

4年間でそれぞれの建学の精神を導き出す

 本学では建学の精神に則って、「考えて行動 のできる人」の育成を目指しています。「考えて行動のできる人」とは、対象をよく観察し、 疑問を持ち、それに対する自分の答えを導き出す力のある人と、考えています。教育課程の中で、講義や実習などを通して、それを可能にしていくのが私たちの教育理念と言えるでしょう。
しかし本学の建学の精神をどう理解・解釈し、具現化するかは、十人十色でよいと思っています。入学式では、「考えて行動のできる人とはどういうことか。4 年間で考え、答えを見つけてほしい」ということを新入生たちに話しています。それぞれが自分の答えを導き出し、自分の言葉で語れること。そのことこそが財産であり、社会へ出た時に大きな支えとなってくれるはずです。
「考えて行動のできる人」という言葉を本学の建学の精神として考えたのは、昭和15 年(1940 年)のことです。日本が先の大戦に突入して、様々な統制が敷かれ始めた時代です。そうした時代背景の中でこの建学の精神
が生まれ、時代が変わっても揺るがない、普遍性を持った考え方であると思います。
本学は、看護学部とこども教育学部という専門性に特化した大学です。両学部に共通しているのは、「人」を対象としているということです。それゆえ、人としての優しさを持ち、心地よい言葉づかいや態度を実践できる人であることが、大事だと考えます。そうした人間性を軸にして、人や物事をよく観察し、結果に対して疑問を持ち、考え、解決するというプロセスを4 年間で身につけてください。

社会という実践の場に耐えうる力を

 われわれの持っている能力は実に多様です。しかし、何がその人のもっとも秀でた能力であるかは、高等学校までの学びだけでは気づけないのではないでしょうか。受験勉強で知力を磨くことも大事ですが、自分の能力やその可能性の芽を開くところまではいきません。ぜひ、大学という自由な学びの場で、一人ひとりが持っている能力の多様性に気づき、可能性を引き出してほしいのです。
大学とは、社会へ出て何か問題にぶつかった時に、どのように解決するかという方法論の基礎を勉強するところです。社会へ出てからが本当の勉強なのです。それは実践的教育とも言えるでしょう。大学で実践に耐えうるだけの体力、気力、知力をつけ、社会に出てから大きく伸びる人を育てることが、私たちの願いです。
新入生の最初の授業は「大学で学ぶとは」という講義です。その中で私は、大学と高等学校の学修方法の違いについて、「大学とは自分で考えて答えを出すところである」と話しています。1+2=3という答えは高等学科までの学びで教わってきますが、3という答えを出す方法は、ほかにもたくさんあります。その中から自分で考えて答えを探すというのが、大学での勉強の基本です。

知恵と知識でさらなる発展を

 カリキュラムの中で、教養科目は重要だと 考えています。本学の教養科目には特徴があります。教養科目ではサイエンス・リテラシー、 ヒューマン・リテラシーの2つの分野の科目を用意していますが、前者では自然科学の観察方法や考え方などを通して、多面的なものの見方や論理的な考え方を養うことを狙いとしています。またヒューマン・リテラシーでは、文学・芸術作品に触れたり、異なる文化や言語を知ったりする中で、先人の知恵に接し、表現の方法や感性を磨いていくことを目的としています。つまり「知恵」の部分を教養科目で養い、専門科目では「知識」を積み上げ、知識と知恵を活用して問題を解決できる人材、すなわち、「考えて行動のできる人」を育成するというのが本学の教育の基盤です。

一人ひとりを大事に

 平成28 年度からは看護学系の大学院を開設しました。これで大学としての教育・研究体制が整い、新たなスタートを切ることになりました。高校まで偏差値重視の世界にいた皆さんが大学に進学し、学修することによって、偏差値では測れない個々の能力をどのように身につけるかが大事だと思います。本学での講義や実習などの学びや、ゼミ、卒業研究などの発表の機会を通して、また、ボランティアやサークル活動などの体験を通じて自分自身の適性を知り、未知の能力や可能性を引き出し、新しい自分と出会ってください。私たちは、4 年間かけて、皆さん一人ひとりを大事に育てていきたいと考えております。

学校法人 堀井学園
横浜創英大学 学長
小島 謙一

第6回横浜創英大学 入学式 学長式辞 平成29年4月4日(火)

ページの先頭へ戻る
〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1番地 TEL:045-922-5641 Mail:nyushi@soei.ac.jp

Copyright © YOKOHAMA SOEI UNIVERSITY All rights reserved.