こども教育学部 幼児教育学科

こども教育学部 幼児教育学科

教員紹介

職名
講師
氏名
楜澤 令子(Kurumisawa Reiko)
主な担当科目
心理学
発達心理学
子どもの心理療法
臨床心理
家庭支援論
幼児教育相談・保育相談支援
学位
博士(心理学)
所属学会
日本心理臨床学会、日本教育心理学会、日本発達心理学会
専門分野
親子臨床・発達臨床、発達心理学、教育心理学
研究課題1
青年期から成人期にかけての養護性(nurturance)の発達
研究課題2
子どもの養護性(nurturance)の発達
研究課題3
発達障害とその臨床
著書・論文名(主な著書・翻訳書)
  1. 『施設実習』分担執筆(『心理職の人って何するの?』)ミネルヴァ書房 2018年3月
  2. 『新・発達心理学ハンドブック』分担執筆(『事例研究』)福村出版 2016年7月
  3. 『青年期・成人期における養護性の発達と形成要因』単著 風間書房 2012年3月
  4. 『心理学検定 基本キーワード』分担執筆 実務教育出版 2009年6月
  5. 『精神保健福祉士・社会福祉士養成基礎セミナー心理学 心理学理論と心理的支援』分担執筆 へるす出版 2008年12月
  6. 『大学生における過去の被養護・養護体験が現在の養護性(nurturance)へ及ぼす影響』楜澤令子・福本俊・岩立志津夫 教育心理学研究57(2)168-179 2009年
  7. 『妊娠後期における初産婦の養護性nurturance低下の原因―妊婦への面接調査を通して』楜澤令子・岩立志津夫 家族心理学研究 24(1)54-66 2010年
  8. 『母子の育ちなおしのプロセス―精神疾患をもつ親の子育て支援』楜澤令子 心理臨床学研究 28(4)401-411 2010年
  9. 『養護性(nurturance)における高校から、大学、妊娠期に至る発達変化と妊娠週数による相違』楜澤令子・岩立志津夫 小児保健研究 70(2)291-297 2011年