こども教育学部

求める人材・学部の学び

学びの支援体制

   こども教育学部での学びや生活の支援は、1・2年生では、アドバイザー教員が、3・4年生では、卒業研究ゼミナール担当教員が担当します。
   また、4年間にわたり学年担任教員(2名)が、学年全体のサポートをします。
学年 1年 2年 3年 4年
支援担当 学年担任教員 2名
アドバイザー
=基礎ゼミナール担当教員
卒業研究担当教員
アドバイザー1名あたりの学生数
最大 6名
卒業研究担当教員1名あたりの学生数
最大 8名
関連授業 基礎ゼミナール         卒業研究ゼミナール 卒業研究
基礎ゼミナール
1年次の必修科目で、大学での学びのための履修方法や基礎的な知識・技能の習得、図書館の利用法など必要なことがらを学んでいきます。
   少人数制の授業で(最大6名)、担当はアドバイザー教員です。
   学修のほかに、大学生活での不安や悩み等についても気軽に相談できます。
卒業研究ゼミナール
自分の興味・関心に応じて、卒業研究ゼミナールを選ぶことができます。
   学生の希望が優先されますが、最大は8名です。
   このゼミナールで学んだことを卒業研究につなげていきます。
   卒業研究ゼミナールの担当教員は、学習のみならず、
   将来の進路・就職のことなど大学生活での様々な相談に応じてくれます。
卒業研究
卒業研究の課題は、自分で選び、主体的に研究を進めます。
   ゼミ担当教員はもとよりゼミの仲間とも協力しながら、完成させていきます。